車検費用が足りないかもしれなくて不安

車検の期限が近づいてくる前に20万円程度のお金は準備をしておかないとその月のやりくりが大変です。

 

しかし、私は派遣社員として働いていて、貯金があまりできないまま車検の期限が迫ってきてしまいました。

 

手持ちのお金として10万円程度はありましたが、足りなかったら大変なので、キャッシングを利用することにしました。

 

キャッシングの審査はすぐに終わり、オペレーターさんに車検費用として借りたいと言ったおかげか、限度額20万円のカードをすぐに発行してもらいました。

 

結局、車検は手持ちの10万円で足りましたが、生活費が足りなくなったので、キャッシングで2万円くらい借りました。

 

その後もなにかあったときのためにカードは所有していましたが、何度か給料前に2万円程度借りることがありました。現在はもう借金をする必要もなくなったので解約をしましたが、かなりお世話になったと思います。

 

車検費用が足りないっていう状況になる前に備えておくのがベストなんでしょうけど、人それぞれお金が必要となるタイミングは違うし、いろいろ事情もありますよね。

 

でも、車検が切れてしまうと公道を走ることもできませんし、通勤でクルマを使っていれば大きなデメリットを被ることになりますからね。やはり期限前にキッチリクリアしておいた方が後々面倒な思いもしなくて済みます。

 

キャッシングは金利が心配だという人もいるかもしれませんが、数万円程度を借りてすぐに返済してしまえば銀行で借りるケースとそれほど変わりませんからね。

 

車検費用の支払いでお金がきついと思ったときなどに上手に活用すれば助けになってくれると思います。

こちらを利用するといいですよ

モビット


モビットはの最大の特徴は、「スピード審査」であると言えるでしょう。

 

業界初となる「WEB完結型サービス」を開始した消費者金融でもあり、「WEB完結」「自宅郵送物なし」「電話連絡なし」「最短30分の審査回答(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)」で借入が可能である等、現在の消費者金融が行うサービスの先駆けであるとも言えます。

 

特にWEB完結サービスのしやすさは数ある消費者金融の中でもかなり高く、インターネット環境さえあれば24時間365日いつでも場所や時間を気にすることなく申し込みが可能になっています。

 

契約を結んでからの対応の迅速さからも高い支持を得ていますからね。

 

 

オリックス銀行カードローン


オリックス銀行カードローンは利用限度額別に金利設定していて、オリックス銀行のWEBサイトを見ればひと目で金利がわかります。

 

例えば車検費用として借りたい場合ですと100万円未満コースを選択すると思うのですが、その場合は12.0%〜17.8%の金利となります。事前に金利がわかっていると、毎月の返済額の試算も行いやすいでしょう。

 

キャッシングは、30万円以下の借入なら月々7,000円から返済できます。返済額を少しでも抑えたい方に最適であり、お金に余裕があるときは随時返済をして早めに完済することも可能です。

 

高い車検費用

車検は、自動車に長く乗り続けるにあたって避けて通れないものであり、所有者の多くが高いと感じながらも費用を支払って受検しています。

 

一方で、高い車検費用は近年自動車の購入を控える人が増えてきている理由の一つしても指摘されています。

 

車検費用が高い理由としてまず挙げられるのは、自賠責保険料の存在です。自賠責保険の保険期間は車検証の有効期間を包含している必要があり、1回受ける度に26,000〜28,000円程度支払わなければならないからです。

 

代行業者に検査を代行して貰う場合は、自賠責保険料以上に、業者に対して支払う代行手数料の方が車検費用が高くなる理由として大きくなります。代行業者には、書類上の手続きのみを代行する業者から、整備や消耗品交換もすべて行ってくれる業者までおり、選択する業者次第で費用が大きく変わります。

 

しかし、整備や消耗品交換も加わると代行手数料は3〜8万円程度にもなり、最も安いケースである書面上の手続きのみの代行であっても1〜3万円程度の代行手数料を支払わなければなりません。

 


車検費用の目安を知っておこう!

車検費用は車検基本料と法定費用の合計金額になります。

 

法定は重量税、自賠責保険料、印紙代でどこでも受けても同額です。軽自動車は3万円程度、小型乗用車4万半ば、中型乗用車は5万円〜6万円程度、中型乗用車の排気量が多いのは6万半ば位が目安です。

 

エコカーでは多少安くなり、13年経過車は多少高くなります。変わってくるのが車検の基本部分になります。一般的にディーラーが一番高く4万円〜10万円加算、車検専用会社や民間整備工場が2万5千円〜8万円加算、カー用品店が2万円〜6万円加算、ガソリンスタンドが2万円〜6万円加算、車検代行が1万円〜3万円加算くらいでしょうか。

 

各社点検内容も違うので一概には比較できませんが、中身をしっかり確認して考える必要があります。

 

また、消耗品や部品の交換などの追加整備は別途追加料金が発生しますのでこの分も考慮に入れておくべきでしょうね。

 

まだ信頼できる業者が決まってなくて、これから探そうとしているのであれば、いろんなところで見積もりを取り自分にあった方法を勧めします。

車検費用を少しでも安く抑えるために

二年に一度は必ず車検を受けなければならないわけですが、費用を少しでも安く抑えるられるならそれに越したことはありません。

 

自分でやっておくというのが良いのですが、よほど車に詳しい人だったり、普段から頻繁に整備している場合でもなければなかなか難しいものがあります。では、誰でもできることは何かというと、店舗選びです。

 

基本的に費用はどこで車検を受けてもそれほどの違いはないのですが、利用するところによってはガソリン代が格安になったり、次回の車検代の割引をしてもらえる、あるいはコーティングやオイル交換といったものが無料になるといったサービスが受けられることもあるので、探してみると良いでしょう。

 

また、飛び込みでは難しいのかもしれないのですが、お得意さんになれば少しくらいは値引き交渉に応じてもらえることも決してあり得ない話ではないため、良いと感じた店舗を見つけた場合は、しばらく通ってみるというのも良い方法です。